頭痛は症状によって対策法を考えよう|頭痛改善ガイド

女性

我慢は禁物です

カウンセリング

脳の血管の収縮や拡張で

長時間のデスクワークが続くと、首や肩が凝ったり頭痛がしたりすると言った経験を持つ方も多いのではないでしょうか。これは、緊張型頭痛と呼ばれるものです。同じ姿勢を取り続けることで、血流が悪くなり、脳の血管が収縮することで頭痛が起こります。血流を良くすることで治ることが多いようです。マッサージやストレッチが効果的です。このような、時々起こる頭痛とは違い、頭の片方だけがズキズキと痛む状態を片頭痛と言います。こちらは、脳の血管が拡張することで起きます。わかりやすい例を挙げると二日酔いの症状です。これも脳の血管が拡張して頭痛が起きます。このように一時的なものもありますが、ストレスが原因で片頭痛が起きる場合は、慢性化することも多いようです。片頭痛の原因の一つは、ストレスです。強いストレスを受けると、脳の神経伝達物質セロトニンの分泌にも影響が出ます。セロトニンの分泌と頭痛には、深い関係があるようです。又、うつ病もセロトニンとの関連性が高いことから、頭痛の原因がうつ病である場合も多いようです。

我慢すると慢性化するかも

頭痛が長引いたり頻繁に起こったりするようなら、まずは病院で脳に異常がないか検査を受けましょう。脳梗塞の前兆として、頭痛を起こす場合もあるからです。脳神経外科などでCT検査を受けることで、疾患がないかわかります。脳に何も異常が見つからなければ、そのまま痛みを我慢してしまうかもしれませんが、それでは慢性化してしまいます。うつ病の可能性もありますし、適応障害や不安障害でも、頭痛は起きます。精神科や心療内科で、頭痛の相談をすることで原因が判明するかもしれません。病院では、トリプタン系薬剤を処方されることが多いようです。これはセロトニン作用薬とも呼ばれています。脳の血管の収縮を促すことで頭痛を抑えます。トリプタン系薬剤は、軽い痛みの時に服用すると効果を発揮します。痛みの悪化を防ぎますので、自分でタイミングを見計らって服用します。又、病院でカウンセリングを受けることで、不安が軽減されることもあります。心の緊張状態が少し解きほぐされることで、症状が改善される例も少なくないようです。市販薬で症状が改善されない場合は、迷わず病院で相談してみてください。