頭痛は症状によって対策法を考えよう|頭痛改善ガイド

女性

頭の痛みは早めに対策を

頭を押さえるウーマン

2つのタイプ

人間の身体は異常が起こると様々な方法でSOS信号を出して異常を知らせようとします。特に現れやすいのが痛みという症状で、痛みが起こったならば早めに病院で検査をする必要があります。それでは痛みの中から頭に痛みが起こる病気をピックアップしてみていきます。まず頭痛が起こる病気には2つのタイプがあります。1つは脳腫瘍や脳出血、くも膜下出血など命にも関わるタイプ、2つ目は偏頭痛や群発頭痛、緊張型頭痛といった命に関わることはありませんが、慢性的に痛みが続き日常生活に支障が出ることも多いタイプがあります。まず1つ目の命に関わるタイプの場合は頭痛の他にも吐き気や痙攣、意識障害や運動障害、さらに言語障害や視力障害が起こることがあります。他にも性格の変化、身体の片側だけの麻痺、発熱などの症状が起こります。このタイプは日頃から頭痛に悩まされることもなかった人が突然激しい頭痛や上記のような症状があらわれるのが特徴です。そしてこういった症状がある場合には、一刻も早く病院での検査、治療を行う必要があるので十分に注意が必要です。

症状で分かる頭の痛み

命に関わることはありませんが、慢性的な痛みが続き日常生活に支障をきたしてしまうタイプの偏頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛というものもあります。まず偏頭痛は女性に多い症状で、ストレスや疲労、ホルモンバランスの変化などによって発症すると言われています。症状としては左右どちらかにズキンズキンという脈打つような頭の痛み、吐き気、さらに音や匂い、光に敏感になるなどの症状が起こります。これらの症状は4時間から3日間ほど続き月に1、2回、多い人だと週に1、2回起こります。次に群発頭痛は男性に多い症状で、血管の拡張やアルコール、タバコなどが原因で発症すると言われています。症状は左右どちらかが目がえぐられるような耐え難い痛み、目の充血、まぶたの腫れ、鼻水などの症状がおこり症状は1ヶ月〜2ヶ月間、毎日同じ時間に1日15分〜3時間ほど続くのが特徴です。最後に最も多い緊張型頭痛は精神的ストレスと身体的ストレスが原因で発症し、頭が締め付けられるような痛みや吐き気、めまいなどの症状が起こり症状は30分〜1週間ほど続きます。これらの病気は病院で治療ができますので、命に関わることがないからと我慢せず、病院で治療を受けることをお勧めします。