頭痛は症状によって対策法を考えよう|頭痛改善ガイド

その頭痛、それは病気の危険信号かも

精神科や心療内科

女の人

慢性的な頭痛が続くようであれば、脳の異常を疑い、頭痛外来や脳神経外科などにかかってみましょう。しかし、脳に異常がなければ、こころの病の可能性が出てきます。精神科や心療内科で、うつ病、不安障害などを疑ってみましょう。これらの診療科を持ち合わせた総合病院を利用すると便利でしょう。

頭の痛みは早めに対策を

頭を押さえるウーマン

頭痛には命に関わるタイプと、命に関わることはありませんが日常生活に支障をきたしてしまうことがあるタイプの2つのタイプがあります。それぞれの頭痛は病院で検査をして適切な治療を受ければ治すことができます。

セロトニンの分泌も関係

看護師

頭痛は、痛む箇所によって原因も違います。市販薬を服用しても症状が改善されない場合は、脳に疾患がないか病院で検査を受けましょう。脳出血などの兆候も否定できません。疾患が見つからない場合、精神科や心療内科で相談するといいでしょう。

我慢は禁物です

カウンセリング

頭の片側のみ痛む症状を片頭痛と呼びます。これは脳の血管が拡張することで起こります。ストレスも片頭痛の原因の一つです。病院の検査で、脳梗塞など脳の異常が見つからないのに、頭痛が続くようなら、精神科や心療内科を受診してみてください。薬で症状が緩和されるようです。

専門外来がおすすめ

女医

頭痛の治療や改善を目的として病院を訪れる人が増加傾向です。最近では頭痛専門の外来も登場して人気を集めています。受診する場合には予め頭痛日記などの記録をつけて持参する必要があります。また、人気の病院の場合には予約待ちがあるケースもあります。

頭が痛む時どうしてますか

医者と看護師

頭が痛む病気は多いです

頭痛には様々な種類があり、しかも多くの病気の自覚症状であるため、単に痛むだけでは、その原因が何であるかがわからないこともあります。しかし、頭痛や吐き気、めまいがするけどそれ以外の症状がない、じっとしていたり逆に動き回ったりすることで治ってしまう場合は、偏頭痛や緊張型頭痛と考えていいでしょう。しかし、吐き気やめまいがひどい、視覚障害が起きたり、体がふらついたり、発熱があるような場合は、病院に行くことをお勧めします。なぜなら、吐き気や視覚障害がひどく、しかも段々悪化してくるような頭痛は、脳疾患が原因のこともあるからです。また、頭痛だけでなく体のあちこちの調子が悪い、下痢や貧血などが同時に起こるような場合には、自律神経失調症の疑いがあります。この病気は交感神経と副交感神経のバランスが悪くなって起こるもので、ストレスやホルモンバランスの乱れなどが原因とされています。あまりこのような症状が長引く時も、病院に行くといいでしょう。この時は心療内科などを受診してみてもらうことです。

薬の飲み過ぎや打撲も注意

頭痛があるけれどなかなか病院に行けない時は、つい薬を飲んで治したくなります。無論痛みを抑えるための鎮痛剤は問題ないのですが、あまりに飲みすぎるのはやはりよくありません。特に月の半分くらい頭痛があり、しかも月10日以上薬を飲んでいると、脳が痛みに敏感になって頭痛がひどくなることもあります。これを薬物乱用頭痛といいます。かなり悪循環に陥っている状態ですので、まず服用をやめ薬の影響がなくなった時点で本来の治療を行うことになります。しかし、問題ないと思っていた頭痛が、だんだんひどくなって来た時には、脳神経関係の診療科を受診するようにしましょう。最初は偏頭痛だと思っていたのが、他の病気が原因だったということもあるからです。どの病気が判断できない時は、まず頭痛外来に行きましょう。それからスポーツなどで倒れて頭を打った後、じわじわ痛くなってくる時も要注意です。脳動脈解離や慢性硬膜下血腫の疑いがありますので、我慢をせずに脳神経外科に行くようにしてください。